ホーム ≫ 活動紹介 ≫ 子ども若者サポート

外国ルーツの子ども若者サポート Youth Support

両親または保護者のどちらかが、外国出身者である「外国にルーツを持つ子どもたち」がいます。

彼らが困難に負けず、力強く生きていくために、子ども若者の自立を支援しています。

2020年度の取組 「外国ルーツの人たちの生活と子供たちの学習環境を整え支援する事業」実施

 

2020年9月赤い羽根共同募金(三菱財団×中央共同募金会)に助成を頂けることになり、ただいま事業を展開中です!

 

【事業内容①】 10代後半の子どもたちの学習機会を確保する

・学齢超過等の子どもの高校受験をサポート

・日本語オンライン授業の受講をサポート

・学習サポーターによる個別指導

 

感染が拡大の今、オンライン学習の支援体制を強化しています。

 

【事業内容②】

通訳を配置した相談の実施。情報提供や緊急食糧支援(米、マヨネーズ、缶詰、野菜ジュースなどの配布、お届け)をしています。

※寄付金の他、食料(米、缶詰等)の寄付も受付中です。


高校から、夢に向かう子どもたち

短期間で日本語を学び、高校に入学することができた2人

出身国で義務教育過程を修了してから来日した15歳以上の外国にルーツを持つ子どもたちには、日本の公立中学校に転入する道は開かれていません。日本で高校進学を希望している場合は、自力で高校入試に合格しなければなりません。学ぶ場のない子どもたちが高校進学をするためには、多くの壁が立ちはだかっています。

NPO伊賀の伝丸は、「学びの場」と「居場所」を作り、彼らの高校進学をサポートしています。

学びの場 オンライン日本語講座

2019年夏2人は 1日5コマの授業を60日間受講しました

短期間に効率よく(そして楽しく♪)日本語を学ぶため、NPO法人青少年自立援助センター(東京)が運営するYSCグローバルスクール「NICO PROJECT(ニコプロジェクト)」の日本語オンライン授業を受講するためのサポートをしています。伝丸事務所のパソコンや周辺機器を使って受講し、つたまるスタッフやサポーターが宿題などをサポートします。また、通訳を入れた保護者との面談も行ない、不安なく高校進学を目指せるようにしています。

学びの場 夏休み・冬休み 勉強会

夏休みや冬休み期間中、子どもたちが宿題など学習したい教材を持って集まり、ボランティア先生と一緒に勉強する教室を開いています。勉強のあとには簡単な調理も行ない、「食」の自立も推進しています。集まってくるのは、外国にルーツを持つ中学生や高校受験を控えた既卒の子や高校生。ボランティアには休みに帰省した大学生も参加しています。家庭や学校以外の地域の大人との交流の場・居場所として定期的に開催しています。

※現在はコロナ感染症の影響で開催を見合わせています。

子どもたちを応援・支援する

子ども若者サポートは、NPO伊賀の伝丸の事業収益と皆様からのご寄付で運営されています。外国にルーツを持つ子ども若者が、夢に向かって力強く進めるように、みなさまのご支援ご協力をよろしくお願いします。

>> ご寄付はこちらをクリック

ご寄付でできること

● 約3,000円で、保護者面談に通訳がつきます
● 約10,000円で、1週間学習サポーターがつきます
● 約50,000円で、「食」の自立支援プチ講座が開催可!